こんにちは!ハツラツガールです!

皆さん、加藤一二三 九段の引退が決まってしまったことは知ってますか?
詳しくは当時の記事をご覧ください!
http://bashitnews.com/talent/457/

「ひふみん」の愛称で親しまれている加藤一二三 九段は、6月20日の対局に敗北したことによって引退が決定してしまいました。

そして引退会見が本日、6月30日15時から行われたのです!
場所は東京の将棋会館で行われました。


トレードマークの長いネクタイで現れた加藤一二三 九段は、62年10か月のプロ棋士人生を終えて「大変すっきりした気持ちです。」とおっしゃっていました。
そりゃあそうですよね~、今はもう77歳で、勝てなくなってきているのに藤井聡太君みたいな若手がどんどん強くなってるし、プレッシャーとかもずっとあったんだと思います。
続けて、「これからも今まで通りやる気を失わないで、元気よくこれからの人生を歩んでいく気持ちですから」とおっしゃってました。まだまだ元気でいてほしいですね!

さらに、加藤九段が「常日頃、思っていたことですが、棋戦を主催する新聞社やスポンサーに心から感謝したい。棋士たちの将棋文化を発展させようとする思いに応えてくださった。また、ともに歩んだ妻に感謝したい」と感謝を述べている姿には、やはり中身まで素晴らしい人なんだなと思いました!
やっぱり感謝の心を忘れないっていうのは大切ですよね~

ここでちょっと、ひふみんの将棋飯について紹介しようと思います!
ひふみんは大食いで知られていて、食事へのこだわりがすごいみたいなんです

対局中の食事はほぼ毎回うな重と決まっていました。

引用元: https://wayohoo.net/images/2014/slooProImg_20140116232807.jpg

ちょっと、贅沢じゃないか?って思っちゃいます(笑)
本人によると、対局中にご飯のことで悩むのがもったいないから先に決めたものを毎回頼むらしいです。効率的ですね!
ちなみにうな重が定番になる前は、てんぷら定食を頼んでいた時期が7年ほどあったみたい。
けどてんぷら定食は注文しても届かないことが重なったため却下になりました。お店の人、なにやってんだー!(笑)
一見食事の選び方がてきとーなのかなと思っちゃいますが、食事をルーティーンにすることが勝利につながっていたのかもしれませんね。

また、大の甘党だったようで「1日に板チョコを8枚食べる」と宣言したこともありました。
いや、、さすがに食べ過ぎだろ!!(笑)
しかも、ひふみんはよくツイートをしているのですが、あるツイートでこんなのが・・・

こんなにおやつって食べるもんですかね!?
病気になりそうなレベルで糖分接種してますよ・・・
でも確かに、将棋ってめちゃくちゃ頭使うし糖分必要になるんでしょうね!
なんだかんだ食事だけを見ても、「プロ棋士」って感じがします。

以上、加藤一二三 九段の引退会見の様子と将棋飯についてでした!