市販の詰め替えシャンプーの量が少なすぎてキレそうです。限界オタクです。

 

「このハゲーーーーーっ!!」

自民党の豊田真由子議員が秘書に対するこの発言が物議を醸しています。

豊田真由子(とよた まゆこ、1974年10月10日 - )は、日本の政治家、元厚生官僚。衆議院議員(2期)、内閣府大臣政務官(東京オリンピック・パラリンピック競技大会担当)、文部科学大臣政務官、復興大臣政務官。無所属。学位は修士(ハーバード大学・2002年)。元自由民主党女性局次長・青年局次長・国会対策委員会委員等。金融庁総務企画局課長補佐、在ジュネーブ国際機関日本政府代表部一等書記官、厚生労働省老健局課長補佐などを歴任。

(引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%8A%E7%94%B0%E7%9C%9F%E7%94%B1%E5%AD%90)

とにかく経歴がすごいですね・・・桜蔭中高を出て東大に入学、その後ハーバード大学で修士を取るといった超エリートコースです。

そんな豊田議員ですが、週刊新潮によると、彼女は車で移動中、運転中の秘書に暴言を浴びせ、暴行をしたとのこと。その様子がICレコーダーに記録されています。

地味に録音してるあたりの用意周到さが半端ないっす(笑)

この記録が物議を醸し、同議員は離党届を提出した。スピード辞任ってやつですね。

「このハゲ」発言には議員・メディアだけでなく頭髪的弱者の方々も黙っていません。

早稲田大学非公認サークル「増門会」は緊急抗議声明を出しています。

(引用元:増門会Twitterより)

結構ガチな抗議声明でした。そもそもそんなサークル存在したんですね。

増門会ですが、2016年4月に結成したサークルで、活動方針は

1、ブログやツイッターによる積極的な広報活動により、同志のハゲを拡大する
2、ハゲている著名人を呼び、講演会や勉強会を行う
3、STAP細胞を探す
4、落ちてる髪の毛を拾って救出

とのこと。また「会員の髪の毛が大学構内で行方不明になったので見かけたら当会までご連絡を。」らしいそうです。皆さん、一緒に探してあげましょう。

 

 

ところでみなさん「光頭会」は知っていますか?

頭髪の少ない男性で結成された横手市雄物川町の団体です。「沈みがちな社会に、光る頭を役立てよう」をキャッチフレーズに環境美化活動などに取り組んでいる。

同会の「光コンテスト」「吸盤綱引き」などが注目されています。

「光コンテスト」

頭の光り具合を競う「光頭会」の番付編成会議が28日、横手市雄物川町今宿の雄川荘であった。「我こそ一番」と豪語する“光自慢”4人が、「美」と「力」を競った。

(引用元:https://mainichi.jp/articles/20160129/ddl/k05/040/015000c

ただただ平和。豊田議員の騒動とは正反対ですね。老後はワイも入ろうかしら。

 

孫正義さんも言っています。

「髪の毛が後退しているのではない。私が前進しているのだ。」と。

別に禿げていてもいいじゃありませんか。誇りをもって生きていきましょう。

 

 

ちなみに私は家族の様子を見ている感じ、頭髪的には大丈夫そうです。やったぜ。