マスコットキャラクターはかわいいもの、それ以外は一発屋」理論を唱え続けて何年になるでしょうか。ふみです。

そんな「マスコットキャラクター」の概念を覆すマスコットキャラクターが今、人々の注目を集めているのをご存知ですか?
今回は、そんなネットで一躍話題となった千葉ロッテマリーンズの新マスコットキャラクターについて紹介したいと思います!


千葉ロッテマリーンズの新マスコットキャラクター・魚とは⁉

2017年5月28日に、千葉ロッテマリーンズの新マスコットキャラクターが登場し、twitterなどで多くの注目を集めました。
それがこの子。

(引用元:https://twitter.com/Chiba_Lotte/media)


……
………

かわいくない

なぜこの子を採用したのか。一時期「こびとづかん」などで流行した「キモカワイイ」の次元を軽く超えている気がするのは私だけじゃないはずです。

(参考に、こちらはキモカワイイキャラクターとして有名になったこびとづかん。 引用:http://kobitodukan.anime-movie.net/)

どう見てもマスコットキャラ=可愛いの概念をぶち壊していますが、それがユニークで良い!とtwitterなどでの反応は上々。もはや面白がられています。

ちなみにこのマスコットキャラ、名前はありません。千葉ロッテマリーンズ広報twitterアカウントでは「」あるいは「謎の魚」と呼ばれています(以下”魚”)。
twitterなどを通じて得た情報によると、この魚、第一形態から第三形態まであるようです。第一形態がただの魚、第二形態が魚に足がついたもの、第三形態が魚から人らしき何かが出てきたもの…と進化するとのこと。

ふと気になって千葉ロッテマリーンズの公式サイトのマスコットキャラ一覧を見てみましたが、まだ魚は載っていませんでした。

(引用元:http://www.marines.co.jp/expansion/entertainment/chara/。)

誕生したばかりで依然として謎が多いキャラクターということですね…。

マスコットキャラクターはカワイイ理論を唱えてきた筆者としては腑に落ちませんが、歴代の「カワイイ」マスコットキャラクターたちの路線とは異なり、このような意味不明さで千葉ロッテの知名度を上げることになったという点では、魚はマスコットキャラクターとしてはきちんと役目を果たしていると言えます。魚、やるじゃん!

twitterだけでなくYoutubeにも魚がマウンドに立って躍動感あふれる動きをしている動画が沢山載っていますので、この記事を読んで興味を持った方はぜひ見てみてください!

 


おまけ

魚と同様、個人的にキモカワイイの度合いを超えていると思ったマスコットキャラクターを紹介します。
一橋のお隣、西国分寺の非公式キャラクターであり武蔵の国の妖精である、その名も「にしこくん」です。

(引用元:http://www.yurugp.jp/vote/detail.php?id=00000003)

足 が 生 々 し い

※後で分かったのですが、にしこくんは2011年のゆるキャラグランプリで全国第3位に入賞した輝かしい経歴の持ち主で、かつ2016年10月には6歳の誕生日を迎えたようです。6周年おめでとうございます。