こんにちは、ライターのマツリです。

オメーいつも食い物の話しかしねーじゃねーか、ということで今回は少し前までやっていたイベントの「ブラックボックス展」について書いていこうと思います。

そもそも「ブラックボックス展」って?

なかのひとよの初の個展で、今年の5月6日から6月17日まで東京・六本木のart & science lab AXIOMで開催されていました。

この個展は主催者であるなかのひとよの意向により、展示内容の情報は一切公開されず、個展が開催されている際も来場者による写真・動画撮影、録音が禁止されていました。

また、作品に関することをインターネットで公開したり、第3者に口外する行為も個展が終わるまで禁止されました。

当日にその情報の取り扱いに関する同意書に著名しないと会場内に入れないシステムとなっていました。

このように完全に情報がない中、ギャラリーの前では長蛇の列ができるなどインターネット上でも話題性が話題性を呼ぶ形で拡散していきました。

「ブラックボックス展」のコンセプト

会場内は非常灯もない5メートル4方の真暗闇を体感することがコンセプトになっています。

入場する際にもデカい黒人のチェックを受けて許可された人でないと入場すらできませんでした。

<実際の様子>

こんな黒人さんが待ち構えています。

こえ~~~。

そんななにもかもがよくわからないブラックボックス展、今回とある問題で炎上騒ぎが起きました。

 

「ブラックボックス展」で痴漢騒動?

ブラックボックス展がつい先日終わりましたが、途端に続々と痴漢を訴える声が大きくなっていきました。

なぜ痴漢が時間がたった後に発覚していたのか?

同展示は、来場者はイベントが終了するまで展示内容について口外したりネットに発信することを禁止していました。

しかし、その一方で、「同展を絶賛、酷評する目的で”嘘の展示内容”を投稿することを許可する」との断りが誓約書に書いてありました。

そのため、痴漢被害が起きたことをネットに投降したとしても、「どうせ嘘の情報だろう」というように扱われる可能性があるため投稿せず、会期が終わった今、被害を訴える声が多くなってきたのです。

 

なかのひとよのコメントは?謝罪はあったのか?

今回の問題について、主催者であるなかのひとよはギャラリーの公式サイトでコメントを発表しました。

「ブラックボックス展」について

この度は弊ギャラリーが主催しました「なかのひとよ|BLACK BOX」(ブラックボックス展)に関してインターネット上で多くの皆様をお騒がせ致しておりますこと、またご心配をおかけ致しておりますことについて、心よりお詫び申し上げます。

会期中はスタッフを増員し、常に会場に待機することは無論、来場者からご指摘をいただいた際にはその都度注意を促し、展示会場内を定期的に巡回するなどして安全確保に可能な限りの体制を敷いておりました。しかし、残念ながら我々が予期せぬ来場者による様々な行為(床のタイルを剥がす、壁を執拗に叩く、ドアを無理やり開けようとする等)があったことは事実として確認しております。
現在に至るまで直接ギャラリーに具体的な被害を申し立ていただいた事例はございませんが、それ以外にも問題行為があったとするならばそれは誠に遺憾であり、警察担当者のご協力のもと事実の究明を急いでおります。

何か少しでも手がかりになる情報をお持ちの方は以下の連絡先までご一報ください。

info@as-axiom.com

当ギャラリーは「実験」と「犯罪行為」は明確に線引きし、お客様の安心・安全を侵害する諸 行為に対していかなる許容も致しません。

公式サイトより引用

………

一切痴漢という言葉は使っていませんし、それをにおわせる言葉も一切ありません。

「予期せぬ来場者による様々な行為(床のタイルを剥がす、壁を執拗に叩く、ドアを無理やり開けようとする等)」って少し無理があるよなあ………という印象ですね。

また手掛かりとなるような情報をメールして提供するように促していますが、おそらく実際に被害に遭われた方は速やかに警察に届けるべきでしょう。

いかがでしたか?

もしかしたら読者の中にもブラックボックス展に行ったという人や、そもそもこんなものがやっているとは知らなかったという人ももちろんいるでしょう。

ただ、今回は相手の顔が見えない密室の中に男女が数十人いるという状況下の中問題が発生しました。
このような状況を事前に予測して対策ができなかったギャラリー側に疑問が残りますね。

以上、ライターのマツリでした。