こんにちは。先日京都大学の記事を書いてから、朝コーヒーの習慣を始めたひろ太です。

 

今回はこの方について書いていこうと思います。

(出典:https://www.shogi.or.jp/player/pro/307.html

そう、今大注目の中学生プロ棋士・藤井聡太四段。

そんな藤井四段のドキュメンタリー番組が、なんと今夜(6/23)19:00~フジテレビで放送されます!

※番組ホームページはこちら↓

(フジテレビ)http://www.fujitv.co.jp/b_hp/170623fujiisouta/index.html

(東海テレビ)http://tokai-tv.com/fujiisouta/

 

番組タイトルはその名も、

「藤井聡太14才」

直球ど真ん中のこのタイトルですが、改めて「あれだけ注目されているけど、まだ14才なのか…」と驚かされます。

制作は東海テレビが行っており、萩本欽一さんがナレーターを務めます。

驚くことに、なんと東海テレビは藤井四段がまだ無名だった三年前、小学六年生の頃から取材を続けていたそうです。

公式サイトではこのように説明されています。

 そんな藤井四段を、東海テレビは、今から3年前の小学6年生の頃から取材し続けてきた。もちろん当時は、誰も注目していない無名の小学生だったが、一早くから、その才能に惚れ込み、独自映像をカメラに収め続けてきた。
今回、番組では、日本中が注目する“世紀の一局”の模様を伝えるとともに、3年間に渡り、ビデオテープ約100本に収録した貴重な映像の数々を一本の番組としてまとめ、14才の天才の軌跡を描く。

天才中学生と呼ばれる藤井四段がどんな小学生だったのか、また今に至るまでにどのような軌跡を歩んできたのか。

番組内では連日大注目を浴びる藤井四段の原点や、まだ小学生の頃のあどけない可愛らしい姿も垣間見ることができそうです。

制作サイドからは、三年間も追い続けた映像が遂にゴールデンタイムで放送されるとあって、期待と喜びの声が上がっています。

プロデューサー・伏原健之(東海テレビ)

「私たちは夕方のニュース番組の中で、プロ入り前からずっと、彼の成長ぶりを何度も放送し続けてきました。私たちにとって“瀬戸市(=愛知県瀬戸市。藤井四段の出身地)の聡太くん”が、あっという間に“天才”と絶賛されるプロ棋士へと、想像をはるかに上回る速さで、快進撃したことは驚きであり、誇りでもあります。私たち地元のテレビ局の仕事は“ふるさとの偉人”を世の中に伝えることだと思っています。今、日本中から注目を集める14歳の成長の記録を、愛情を持って伝えたいと思っています」

取材編集・奥田繁(エキスプレス)

「3年前、将棋教室に“すごい少年がいる”という情報をつかみ、カメラが入ることになりました。2014年7月の事でしたが、師匠の杉本昌隆七段と藤井君が“感想戦”を検討していましたが、バリバリのプロである師匠に藤井君が、“ここはこうですよ”とアドバイスしている様子を目の当たりにした時はビックリしました。それ以降も取材を続けていると、とにかくいつも彼には驚かされたので、今後どんな事で驚かせてくれるのか楽しみです」

(出典:http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2017/170621-i200.html

 

そんな藤井四段の姿を追ったドキュメンタリー番組「藤井聡太14才」は、

今夜 6/23(金) 19:00~19:57に放送!

いま大注目の中学生プロ棋士から、今後も目が離せません!