こんにちワン!
夏休みはアメリカのドラマ漬け、おぐりんです。

なんで、海外の俳優とか女優ってあんなにかっこいいんすかね…笑

余計な話はさておき、皆さん「総合商社」って聞いたことありますよね??

就活している一橋生の中には、商社志望の方が多いと聞いたことがあります。

でも、メーカーとかと違って総合商社って何をやる会社なのかいまいちピンとこないんですよね…

そこで今回は「総合商社」についてリサーチしていきたいと思いマッスル!(ムキッ)

1.総合商社のお仕事

それでは実際に総合商社の仕事内容についてみていきましょう。

⑴トレード
総合商社において、このトレードは伝統的かつ基本のビジネス。

具体的に言うと、世界中に張り巡らせた情報網を用いて、「儲け話」を見つけ、
資源などを調達して、取引の成立に一役買うということ。(言ってしまえば『転売』)

転売といえば、人気スニーカーや人気ゲームを転売して批判されているのを
よく聞くような聞かないような…笑

⑵事業投資
トレードの拡大や関連ビジネスからの収益拡大が可能かどうか判断し、事業に投資する。

投資後は、人材や資金、情報やノウハウを事業に提供し事業経営をサポート

こうして、投資先の事業の失敗を防ぎ、さらには事業の価値を上げることで
投資元の商社の収益アップを図る。

2.総合商社の特徴

⑴取り扱う商品が多い
「総合」の名前の通り、総合商社は専門商社と違って扱う商品が多種多様。
ガス、穀物、金属といった資源から化学、自動車、アパレルといったものまで
多様に扱います。
また、製品のみならず、コンビニを経営していたりしています。

まさになんでもありなんです。

⑵資源権益への巨額な投資
総合商社は、今流行りのシェールガスに始まり、穀物や金属鉱山などといった
資源権益に投資して、
そのリターンを狙います。

その金額もビッグスケールなのでまさに「ハイリスク・ハイリターン

その資源を用いて商売を行うメーカーや電力・ガス会社等が行えばいいじゃないか、
と思う方もいらっしゃいますよね??

メーカー等はリスクを取らずに、信用のおける商社と取引した方が
いいってことなのでしょう…


そのリスクを負うのが総合商社の務めってことなんですね…

⑶その他事業への出資
総合商社は金儲けできそうな話ならなんでも仕事にしてしまうんですね笑

例えば、ある会社Aが海外に工場Bの建設を考えているとしましょう。
でも、Aには資金力が足りない場合、普通ならば銀行にお金を借りにいきます。

でも銀行に借りると返済義務はあるわ、利子もあるわで結構な負担ですよね〜

こんな時に総合商社が共同出資してあげるんです。
その見返りに利益配分を要求したり、原料や製品の販売権を得たりして収益を図ります。

それ以外でも基本的に儲け話ならなんでもやってしまうのが総合商社。
コンビニの経営もその一つなんですね〜

3.気になる年収は??

では、皆さんも気になっている年収についてみていきます。

五大商社(三菱商事三井物産住友商事伊藤忠商事・丸紅)の平均年収は

それぞれ以下の通り。
【三菱商事】1419万円 

【三井物産】1363万円 

【住友商事】1310万円

【伊藤忠商事】1389万円 

【丸紅】1223万円 

ウヒョーーーー。「平均」でこの額…さすがデス…

社会人の平均年収が400万〜600万であろうこの時代にそぐわない
高給ですね笑

一橋の学生が憧れるのもわかるような気がします。

4.採用される要素とは??

⑴学歴
やはりエリート企業の「総合商社」は学歴が必要みたいです…
東大一橋早慶あたりで内定者の7割くらいだとか…笑

まあ、一橋の学生の皆さんはこの点に関していえば
心配ご無用の助ですね!

⑵コミュ力
コミュニケーション能力を含めた人柄を重視してるみたいです。

例えば、お酒の席であまり関わったことのない人とも楽しく
おしゃべりできる人なんかが該当すると思います。

ある種「チャラい人」かもしれません…

常に自分のネットワークを広げ、商売チャンスを掴む総合商社にとって、
コミュニケーション能力コミュニケーション能力は不可欠でしょう。

⑶柔軟性
自由な発想の持ち主が様々な分野で活躍する「総合商社」に必要とされるみたいです。

固定概念に縛られず、独自の発想ができる人、自由な人が有利かもしれません。

⑷行動力・実行力
柔軟性があっても実際に行動できなければ意味がありません笑

自分からどんどん動ける積極性がある人が活躍できる場所こそ
「総合商社」なんですね。

また、行動力や実行力は「迅速な行動」を必ずしも意味していないようです。

実際、総合商社は手がける仕事も大掛かりなものも多く、
長い期間「粘り抜ける力」も必要になってきます。

⑸探究心
商社の仕事はその時代のニーズに合わせて行ってこそ意味をなします。

そのため、時代の流れをしっかり読み、自分が知らない分野は
しっかりと研究することが必要です。

勉強し学習する忍耐力も総合商社には求められています。

<おまけ>
具体的にはどんな人が総合商社には多いのか、探ってみました。

体育会系
帰国子女
美男美女

うーむ、随分華やかな感じだな〜って印象をお持ちになった方も多いのでは…?
でも、実際こういったものに当てはまらない学生も内定もらってるみたいですよ!

チャレンジせずして成功せず、なのでまずは突撃してみないことには始まりませんね!

 

ここまで、総合商社についてみてきましたが、
かなり高い壁であることは間違いなさそうです。

しっかり対策していきたいですね…