こんにちは!
上裸で走り回る男、おぐりんです。夏の刺さるような日差しで焦げてきました…笑


そんなおぐりんが今回お届けするのは橋男につけてほしい腕時計6選』
暑い夏には半袖を着る人も多いはず。半袖であらわになった腕からかっちょいい腕時計が光ってたら、好印象間違いなし!

 

それでは値段別にいってみよ〜!!!

1.¥10,000以下

腕時計は欲しいけど、お金が…って思っているそこの橋男!
安心してくださいな。安くてもいい時計、あるんです。

⑴TIMEX

タイメックス(Timex)は、アメリカのコネチカット州に本社を置く時計メーカー。

一般人でも手に入る時計を作るべきだというコンセプトからはじまり、高級ラインからアウトドア用など総合的なラインナップを備えるが、大衆向けの実用モデルを主として生産する。

21世紀初頭時点では、アメリカに実質的な本拠を置くほぼ唯一の時計メーカーとなっている。アメリカ合衆国にはかつて多くの高級時計メーカー・ブランドが存在したが、スイスや日本との競合で敗退、1960-1980年代までに消滅するか他国にブランドを買収されてしまった。タイメックスは唯一米国内に残存した米国系ブランドであるため、自国産を重視する見地から大統領や著名人に多数愛用者がいる。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82

最近、ミリタリーウォッチ流行ってますよね〜。
機能性・耐久性ともに高いクオリティーを持つミリタリーウォッチは
一本持っておくといいですよね。

おぐりんがオススメするTIMEXの時計はこちら。

http://www.timexwatch.jp/fs/timex/men/TW2R13800

ブラックを基調としたカラーリング、文字盤と針以外ないシンプルさ、
一切無駄なものがないという感じですね。

うん、渋くてかっちょいい

ゴタゴタした時計は嫌だ、シンプルなものがいい!というタイプには、
まさにぴったりな時計になっております。
ベルトがナイロン製なのも汗をかく今の季節にぴったりですね!

気になるお値段は¥8300(+税)

こんなイケメンな時計が8000円台…、安い…。

⑵ ice watch

ICE-WATCHはベルギー発のファッションウォッチブランドで、世界中の方に親しまれています。 目を奪う多彩な色とユニークな素材使い、そしてファッショナブルなスタイルを組み合わせた、想像性豊かなデザインで早くも多くのメディアの注目を集めています。高品質ながらもお手頃な価格なのでコレクション性も高く、装いによって様々なカラーを選んでいただけます。
引用元:https://www.j-connection.jp/fs/jcstore/c/icewatch

ice watchはが魅力の時計となってます。
そのため、個性的な時計が欲しい、周りとの差をつけたい、という方にオススメの時計。

そんなice watchからおぐりんがオススメするのはこちら。

https://www.j-connection.jp/fs/jcstore/000994

「爽やか」の一言に尽きる!
夏には白系のシャツを着るって人、多いですよね。
服装の差し色として、こんなビビットブルーの時計はいかがでしょうか?

お値段はズバリ、9000円(+税)
これくらいの値段設定なら何色か揃えてみるのもいいですね。

2.¥10,000〜¥50,000

大学生にぴったりの値段帯といったらこのあたりでしょうか。
かっこいい時計を買いたいけど、どれを買えばいいのか迷っているそこの橋男!
とりあえず、ここにあるの買っておけば恥ずかしい思いをすることはない…はず…

⑶DW(Daniel Wellington)

ダニエル・ウェリントン社の創業者であるフィリップ・タイサンダーが、旅行中に気品溢れるイギリス人男性のダニエル・ウェリントンと出会い、ウェリントンがNATOストラップのヴィンテージ時計をはめていたことに触発され、時計メーカーを立ち上げたという[2]。会社名のダニエル・ウェリントンは、このイギリス人男性の名前であるダニエル・ウェリントンにちなむ。
引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3

最近、街中でよく見るようになったDW。
薄い文字盤とシンプルなフォルムから若者世代に大人気の時計となっています。
広瀬すずさんや三浦翔平さんなど、数多くの有名人が着用しています。

そんなDWからおぐりんがオススメするのはこちら。


http://select-one1.com/?pid=94992981

落ち着いたカラーリングのこの時計は何と合わせてもバッチグーなはず!
綺麗めファッションにこいつを合わせて、爽やか大学生の仲間入りをしてみては??

気になるお値段は24,000円(+税)
少々お高めですが、自由にアルバイトができる大学生なら
一本は持っておきたい値段帯です!
ベルトも交換可能なので、気分に合わせてカスタムできるのも魅力の一つです。

(ここだけの話、Amaz●nで半額くらいで買えます笑)

⑷KLASSE 14

時間は無価である。時間は腕時計の中でチクタクとした音で鳴り続ける。秒針、分針と時針は其々の大切な役目を担当する。流れていくたびに、そんな取り戻すことができない大切さと存在価値があるといった意味を持っているのは時間であること。KLASSE14は多彩な人生を贈り、お宝のような時間を私たちと共に過ごして行こう。素敵な瞬間を手首と心に締め付ける意味を刻んで行こう。
独特な贅沢品で生活を豊富にする。
其々の平凡な瞬間に独特な感覚を与える。
引用元:https://www.klasse14.com/pages/51

おお…なんかカッコええ笑 『時間は無価である』…(ジーン)

KLASSE 14は特徴的な文字盤がとってもユニークで
じわじわと人気になりつつあるブランド。

オサレ大学生が持っているイメージですね〜。

そんなオサレ感満載のKLASSE 14の中で、
代表格と言えるのがこちらの「Volare」
https://www.klasse14.com/volare-black-42mm-jp

お分りいただけるだろうか。
そう、針が曲がっている…!

文字盤がプリン型に凹んでいる形となっていて、
それに沿うように針が曲がっているのだ。
変わってるな〜。

そんなユーモアたっぷりのKLASSE 14ですが、お値段は

23514円(税込)

値段帯的にはDWと同じくらいですね…。
あとはベーシックなDWか個性的なKLASSE 14か、
好みの問題です笑

⑸TRIWA

トリワ(TRIWA)は、ステータスや伝統にとらわれ過ぎていた時計業界に変革をもたらすことを目的として、4名の有志により2007年に設立。クラシカルなシルエットと北欧のコンテンポラリーでシンプルなデザインをミックスさせることにより、腕時計を現代のスタイルシンボルに変えるべく、トリワ ブランドを立ち上げました。

トリワは、時計業界以外の世界からインスピレーションを得ることで、販売形態、マーケティング、そしてデザインの新たな道を模索してきました。
引用元:https://www.triwa.com/jp/page/about/

数ある腕時計の中で、特に今おぐりんがゴリ推ししているのが、この「TRIWA」。
スェーデン発祥の時計なんですって!
すでにオシャレ感出てます…笑

さて、そんなTORIWAの中でも一押しなのがこちらの「NEVIL」。

https://www.triwa.com/jp/watches/blue-steel-nevil-20/

クロノグラフなのにゴツすぎず、でもしっかりと個性を発揮している
こちらの時計に、
見とれてしまいますよね??

バンドにはオーガニックレザーを使用していて着用感も抜群!!

なかなか持ってる人を見かけない、まさに知る人ぞ知る「名腕時計
わかる人にはわかるこちらの時計のお値段は…

37,000円(+税)

ぐっっっっっっ。高い…。
でも、こんなに洗練されている時計を身につけるためなら
バイト頑張れちゃうかも…?笑

3.¥50,000〜

この値段帯までくると社会人になってからもバッチリつけられる時計になってきます。
夏休みの間にがっぽり稼いだそこの橋男!
一生モノの時計を買う選択肢を考えてみては??

⑹HAMILTON

ハミルトンの歴史は120余年におよび、アメリカのランカスターから時計製造の世界的な中心地と言えるスイスのビエンヌに移るまで、数々の出来事がありました。航空、映画、エレクトリック・デジタルテクノロジーの世界においてハミルトンがパイオニア的な役割を果たしてきた重要な要素が集まって、現在のコレクションを形成しています。ハミルトンの時計は、アメリカンスピリットとスイスのテクノロジーを組み合わせた、ユニークな形、個性、デザインが特徴です。
引用元:http://www.hamiltonwatch.com/ja/spirit-history

数多くの名腕時計を生み出してきたHAMILTON。
大学生が手を出すにはかなり勇気がいるブランドになってます。

そんな一流ブランドの中にも、大学生が手を伸ばせる時計があります。
そんな憧れの時計がこちら。
http://www.neuve-a.net/TiCTAC/shop/g/g2111516000878/

うほー。全く無駄がない…
普通の時計じゃん…と思ったそこの橋男!
実物を見たら分ります。オーラ半端ないっす笑

さらにこの時計の素晴らしい点は風防(ガラス部分)に
「サファイアクリスタル」用いられている点です。

サファイアクリスタルとは、人口サファイアの粉末を溶かし結晶化した素材で
傷に強いが、高価で加工も難しいため、高級時計に用いられるものです。

つまり、時計に使われている風防を見れば高級かどうかわかるってこと!
なるほど、そりゃHAMILTONの時計の多くに使われるのは納得だわ…

気になる値段は

54,000円(+税)

さっすがHAMILTON…笑
ちなみにこの時計はHAMILTONの中で安い時計に分類されます。

おそるべし…。
ああ〜、時計欲しくなってきた〜!!!