突如の異常気象、部屋の浸水具合がとんでもないことになっていたあっぺです。非常に悲しい気持ちになりました。こんにちは。

ところで、こんな投稿を見たことはないだろうか、、??

ん!?、、なにここ、楽園!?天国、、なのかな!
(田舎出身、田舎育ち、田舎暮らし(ナウ)な私にとって)

浮き世にこんな場所があったとは、、

一度は行ってみたい、(でも実際に行くとなると非常にコワくてなかなか行けないw)この場所は

ナイトプール!!

ナイトプールってこんな場所

引用元:https://travel.rakuten.co.jp/mytrip/trend/summer-hotelpool/

まぁ、簡単にいうと、夜のプールってことですよねーーー笑

日差しの下では暑すぎてプールにすらも入ってらんない、、けどビキニは着たい!
日焼けなんてするもんか!
日中は忙しいしなー

さらには

とにかくおしゃれに囲まれたい!

こんな現代女子のニーズ全てを満たしているのがそう、ここ、

ナイトプール!!
なのです。。。(しかも、お酒を楽しめたり、ちょっとしたライブが行われたりもするらしい!っすんげえ)

まとめると、、、

①水着を存分に楽しめる、
②インスタジェニックで、(←ここ重要!)
③とりあえずウェイな

空間なのでありんす!

ナイトプールの楽しみ方

ところで男子たちよ、このように感じた諸君はいないだろうか、、

暑くない(なんなら涼しい)
太陽がない(沈みきっている)
、、、、

真夏の太陽のもとで楽しんでこそのプーールだろ!!!

いるに違いない。

だが、そんな諸君はまだまだ不勉強であると言わざるを得ない。
なにを隠そう、ここに集まるオサレ女子たちは、そんなもの

どうでもいいのである!!!(断言)

彼女たちはとにかく、

自身の美しいビキニ姿をこれでもかとイン◯タグラムに投稿したいだけなのである!!(断言)

https://www.instagram.com/p/BWmsj13HyX4/?tagged=ナイトプール&hl=ja

くっっそかわいいやん、、

彼女たちの覚悟は相当なものである、、、!
ならば私たちも、それに見合う素直な心で拝見させていただこうではないか、、!(現代社会ありがとう。)

まとめ

東京の真ん中に、楽園はあった。

プールに太陽など、もはや必要ない。そんな小さなことを気にするな。

圧倒的な可愛さ、美が、そこには尽きることなく存在しているのである。

真夏のビーチと並ぶホットスポットではあるものの、
そのおしゃれ度、美女率は圧倒的に高く、大抵のものはその壁を越えることができないだろう。

我こそは!
とここに足を踏み入れる勇気のある者はぜひ足を運んでみてほしい。素敵な出会いが待っているかもしれない!

(筆者はこれを書いて、自信が全くなくなってしまったので、今年の出場は見送らせていただきます。)