最近早く起きようと目覚ましを買ったはいいもののセットし忘れることが多く使い物になりません、カピおです。

現代社会に生きる人ならば皆が使っているインターネット。

今や必須のツールとなっています。

単に仕事や勉強に使うのでなく、コミュニケーションや娯楽としての活用も出来ます。

特に世界中で起きている情報を知れるというのは大きな利点ですよね!

そんなインターネットに関して、最近奇妙なニュースがありました。

中国のSNS上で「くまのプーさん」という言葉や画像が送れなくなりました!!

・・・え?ちょっと意味わからないですね笑

この問題の原因は中国という国のシステムにあります。

中国は規制大国です。

インターネットに関してはネット検閲という専門の機関が設置され、2万人もの人が常時ネット上を見張っているほか、AIによるセキュリティープログラムによっても規制が行われているのです!!

そのセキュリティの名は・・・金盾(グレイトファイアーウォール)!!

すごい厳つい名前ですね汗

このシステムにより、YoutubeFacebookなどが中国では見ることができないのです!!

これは不便ですよねー!!

中国は政府が国策としてこのようなネット規制を行なっており、国にとって都合の悪かったり治安を乱してしまうような情報をシャットアウトしているのです。

その規制の一環としてプーさんが禁止されました笑

なんでやねん!!となりますよね笑

実は少し前にこんな写真が中国で出回りました。

引用元:http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-40639865

これは安倍首相と中国の習主席が握手をしている写真なのですが、横にあるプーさんの写真にそっくりということで話題となったのです!笑

確かに似ているかも笑笑

この画像が広まり習主席をプーさんに例える風習が広まってしまったのです。

すると国は主席のイメージダウンを防ぐため、プーさんを規制対象にした。というわけなのです!

なんかしょうもない気がしますが中国側としては大ごとなのでしょう。

中国においてある特定の文字を規制することは度々あり、有名なのは「天安門事件」ですかね。

詳しくは書きませんがこの事件は国にとって都合が悪いためこの事件に関するキーワードが全て規制の対象となっています。

これに対応するため中国では隠語を用いて規制内容を表す文化があるのです!

今後プーさんにも隠語が作られるのでしょうかね〜笑笑


中国によるネット規制、あらゆるところで賛否両論交わされていますがこれによって中国内での言論抑圧が行われていることは事実です。

これを機会に中国の実情について調べて考えをめぐらせてみるのもいいかもしれませんね!