こんにちは。目薬を10分に一度打っていますが、まだものもらいが治らないひろ太です。

 

衝撃のニュースです。

あの国立駅前のパン屋「神戸屋」7月をもって閉店するそうです。お店に行くとこんなビラが。

これには驚きました。神戸屋のパンも好きだったし、店員さんがヤケに可愛い子が多かったのも好きだったなぁ。普段はあまり買わないけど、夜の8時頃から行われる20~50%OFFセール時には行ったりしてたっけ。

はじめて国立に来た時、ここで母と一緒にパンを選んだのも覚えています。あぁ、なんかノスタルジックな気分になってくる…。

Twitter上でも悲しむ声が上がっています。

 

でもちょっと待ってください。

 

「最近やたら国立のお店潰れてないか???」

 

と思うわけですよ。

特に何十年も続いているお店がバタバタと閉店している由々しき事態。悲しさを通り越して、「大丈夫か国立!!」と心配になります。

私ひろ太は国立に住み始めてから早5年経ちますが、ここ最近の閉店ラッシュに驚いているのは私だけではないのです。久々に国立を訪れたOBOGの口からも、「えぇ!あそこ潰れちゃったの!?」「もう〇〇無いんだ…」嘆く声が聞かれます。

というわけで、今回は「ここ数年で閉店した国立のお店」をまとめてみました!

主に学生がよく行っていたお店や、個人的に思い入れのある12のお店を取り上げています。今は無きあの店を懐かしむも良し、はたまた悲しみに暮れるも良し。一橋OBOG・懐古厨必読の内容となっているので、ぜひお楽しみいただきたいと思います!

 

こんなにあったよ。閉店したお店

僕の知っている限りでまとめてみたら、こうなった。

・つるかめ(酒店)
・籠太(居酒屋)
・雅月(中華料理店)
・スコール(喫茶店)
・モランボン(焼肉屋)
・東西書店(書店)
・さかなや道場(居酒屋)
・シュペール(喫茶店)
・スリーエフ(コンビニ)
・紅や(ハンバーグ・ステーキ屋)
・しゃぶしゃぶ温野菜(しゃぶしゃぶ)
・いなみDuex(焼肉屋)
・ルノアール(喫茶店)
・どんぐり(居酒屋)
・伊藤屋(洋菓子店)
・田田(ラーメン屋)
・ミルクトップ(アイスクリーム屋)
・哲麺(ラーメン屋)
・いたりあ小僧(パスタ屋)
・わたみん家(居酒屋)
・神戸屋キッチン(パン屋・2017年7月末で閉店予定)

……多くないか!?

静岡の片田舎で育った僕からすれば、ここ数年でこれほどのお店が閉店している状況は異常としか言えません。東京こわい。

それでは、今は無き国立のお店12選、行ってみよー!

 

①つるかめ(2014年2月16日閉店)

(出典:http://www.shotgun-shooters.net/photo-diaries-2009/diaries-0903/diaries-090325.html

SEIYUの裏にあった酒屋さん。店内は品物でごった返し、さながらドン・キホーテのような様相を呈する。見た目を裏切らない激安っぷりで、加えて頻繁にセールを行っておりチラシ片手に通った方も多いのでは?「国立マダム」に代表される富裕層の多いこの地において、唯一の「庶民のオアシス」でありました。

現在はこちら。イオンリカー」というワインバーになりました。

なんということでしょう。

人がすれ違うのもやっとな程に品物が山積みにされていたテント下のスペースは、お洒落なオープンテラスへと様変わりし、すっかり「オトナの空間」へと変身。

なんとワイン一杯300円~(赤・白・スパークリング)。ビールも飲めます。ちょっとお酒を飲みたい時にピッタリのお店です。

 

②籠太(かごた)(2014~15年閉店)

「国立 籠太」の画像検索結果

(出典:http://kunitachi-seitaiin.com/blog/2012/11/post-120.html

大学通りのポポロショッピングセンターの二階にあった居酒屋。ランチの1000円バイキングが非常に魅力的で、お腹いっぱい食べようと足繁く通った体育会系学生も多いはず。メニューが非常に充実しており、焼き鳥から創作料理まで幅広く楽しむことができました。

現在は「高倉町珈琲店」という喫茶店になっています。

「国立 高倉町」の画像検索結果

(出典:http://takakuramachi-coffee.co.jp/shop/kunitachi/

 

③紅矢(2015年12月15日閉店)

SEIYUのすぐ横にあったハンバーグ屋さん。ハンバーグ定食が500円と、ワンコインで食べられる手頃さが学生に人気のお店でした。僕のようなお金がない学生にとっては心強い存在でした。

「国立 紅矢」の画像検索結果

(出典:http://mrs.living.jp/tama/town_gourmet/reporter/1590415

閉店した後は、わずかの期間ですが「ふらんす亭」がテナントで入っていました。しかし長くは続かず、現在は「ワイン酒場 ぶちバル」という飲み屋さんが入っています。

(出典:http://kunitachi-seitaiin.com/blog/2016/10/post-504.html

これはこれで行ってみたい。

 

④田田(2015年12月26日閉店)

「田田 国立」の画像検索結果

(出典:https://tabelog.com/tokyo/A1325/A132503/13147400/dtlrvwlst/B144787575/

国立唯一の次郎インスパイアラーメン。黄色と黒の次郎系独特の看板は、お洒落な国立マダムから顰蹙を買うのではないかと心配になりますが、専ら学生や仕事帰りのサラリーマンには愛されていた模様。

僕の初の次郎系デビューがこのお店でした。大学で初めてできた友人に唆されて、「野菜マシマシ」を頼んだのは今となっては良い思い出。もちろん(ヒィヒィ言いながら)完食しました。

道路拡張工事の為、2015年12月閉店。

 

⑤雅月(2016年8月15日閉店)

「国立 雅月」の画像検索結果

(出典:http://ameblo.jp/kunitachihappyspot/entry-10435758098.html

富士見通り沿いの、赤い外壁が目を引く中華料理屋。ランチ時は800~1000円で日替わりの中華定食を楽しむことができ、またご飯おかわり無料という圧倒的サービス。

店員さんもカタコトの日本語ながら、気の良い人ばかりで、僕も大好きなお店でした。

「国立 雅月 ランチ」の画像検索結果

(出典:http://gazoo.com/my/sites/0001454817/vaio/Lists/Posts/Post.aspx?ID=1532

この不気味な人形が懐かしい。夜に目が合うとビビります。

夜のコース料理も2000円~と安く、コンパで利用したという学生も多いのではないのでしょうか。

現在は設計士の方の事務所になっています。

すっかり落ち着いた、スタイリッシュな外観へと変わりました。

 

⑥モランボン(2016年8月31日閉店)

クリーニング屋の上の二階部分 (出典:https://tabelog.com/tokyo/A1325/A132503/13048248/dtlphotolst/4/smp2/

「国立 モランボン」の画像検索結果

(出典:https://www.gnavi.co.jp/?notyet

旭通りにあった焼肉屋さん。ランチ時に行くと1000円で焼肉セットが食べられるので、よく通った学生も多いのでは。僕も部活のOBや先輩に良くおごってもらった記憶があります。

店内も広々として、ゆったりくつろげる雰囲気が好きでした。

現在は空き店舗となっています。

1階のうさちゃんクリーニングがポップすぎて、二階の空きテナントのもの悲しさがより一層際立ちます。

 

⑦伊藤屋(2017年4月16日閉店)

「国立 伊藤屋」の画像検索結果

(出典:http://gugogogo.seesaa.net/article/448662307.html

大学通りにあった洋菓子屋さん。可愛らしくてお洒落な外観と、手作りの色とりどりのケーキが国立マダムを中心に根強い支持を受けていたお店です。

大学の帰りにちょっと立ち寄ったことのあるバシ女も多いはず。

「国立 伊藤屋」の画像検索結果

(出典:http://piomako.exblog.jp/3393498/

「街のケーキ屋さん」という言葉がピッタリの、あたたかみのあるケーキ

現在は桐朋高校近くの工房に拠点を移し、焼き菓子の通信販売を中心に行うそう。大学通りの味のあるお店がまた一つなくなってしまった…。

現在跡地にはなんと、あのearth music&ecologyの国立店がオープンしました。

ユルフワ系のバシ女が増えそうな予感。

 

⑧どんぐり(2017年4月閉店)

「国立 どんぐり」の画像検索結果

(出典:http://kunitachi-seitaiin.com/blog/2014/03/post-302.html

「国立 どんぐり」の画像検索結果

(出典:https://www.hotpepper.jp/strJ000724231/

旭通りにあるマンションの二階にあった創作居酒屋隠れ家的雰囲気が素敵なお店でした。

僕の友達が大好きで、しっぽりとお酒を飲みたい時によく行っていました。落ち着いた気分でお酒を楽しめる、いいお店でした。

 

⑨哲麺(2017年5月20日閉店)

「哲麺 国立」の画像検索結果

(出典:http://everybodyknowsirc.blog.fc2.com/blog-entry-519.html)

富士見通りを7分ほど歩いたところにあるラーメン屋。調べてみたら昭島発祥とのこと。

濃厚な豚骨スープと、スープによくからむ細麺が特徴ですが、なんといっても特筆すべきはその安さ。なんとラーメン一杯500円~。さらに替え玉は驚異の50円!!

私も飲み会後の「締めのラーメン」としてよく利用しました。

現在は「べじ麵処 はやぶさ」というタンメン屋となっています。詳しくは以下の記事をご覧あれ。

【一橋生必見】8日まで半額!!新店「べじ麵処 鶻 -Hayabusa-」に行ってみた!!

(※半額サービスは終了しました)

 

⑩シュべール(2017年5月27日閉店)

国立駅南口を出て左に歩いたところの建物の二階にあった喫茶店。駅のロータリーが良く見える立地でケチャップをふんだんに使ったナポリタンが名物でした。

「シュベール 国立」の画像検索結果

(出典:http://kunitachi-seitaiin.com/blog/2012/12/post-126.html

レトロな雰囲気の店内。ゆっくりと時間が流れるような、そんな居心地の良いお店でした。

昔からのファンも多く、閉店を惜しむ声も。駅ナカ商業施設「nonowa」に客を取られてしまったのか、このビルに入っていたテナントは丸ごと閉店してしまったようです。

上の写真を見ても、閉じられたシャッターからなんとも言えない物寂しさが漂います。

⑪スコール(2017年6月14日閉店)

「国立 スコール」の画像検索結果

(出典:http://kunitachi-seitaiin.com/blog/2012/06/squill.html

↓リニューアル後

「国立 スコール」の画像検索結果

(出典:http://ameblo.jp/kunitachihappyspot/entry-12102107649.html

富士見通りにあったタイ料理カフェ。残念ながら私はこのスコールを、入学当時から「リア充御用達カフェ」と勝手に認識していたため、指をくわえながら店の前を通り過ぎた思い出しかありません。

2014年に一度リニューアルして「スコールCafe」となったものの、2017年に閉店し現在は「FUJIYAMA HAMBURG STEAK」というハンバーグ屋になりました。

「国立 スコール」の画像検索結果

(出典:https://www.kiwa-group.co.jp/restaurant/396/

ハンバーグ750円~。手頃な値段で学生に人気のお店となっています。

 

⑫いたりあ小僧(2017年7月3日~休業)

一橋生の間に衝撃が走った、突然の「無期限休業」のお知らせ。

バシッとニュースでも取り上げところ、かなりの多くの方に読んで頂きました。

【いたりあ小僧】一橋大生(とくに体育会系)の胃袋がピンチ!【一時閉店】

「いたりあ小僧」は30年以上続くパスタ料理の老舗。豊富なメニュー手頃な値段食べごたえのあるボリュームで、お腹を空かせた学生に大人気のお店でした。

「いたりあ小僧」の画像検索結果

(出典:http://ameblo.jp/kunitachihappyspot/entry-10437272148.html

160424国立イタリア小僧003_R

20160424221102a94.jpg

(出典:http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/blog-entry-1886.html?sp

 

圧巻なのは+100円で注文できる「追加パスタ」。これを頼むともう一人前分のパスタが麺だけで運ばれてきて、それを混ぜて食べるという具合。元々が濃いめの味付けなのでちょうど良い感じになります。

ラーメンで言う「替え玉」で、お腹を空かせた体育会学生にとって大喜びのサービスでした。

再開は未定とのこと。最終日の7月3日には多くの一橋OBが訪れて大盛況となりました。それだけ多くの学生に愛されていたってことですね。

復活が待ち遠しい…。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「こんなにお店潰れてたんだ…」と驚かれた方も多いのではないでしょうか。

特に思い入れのあるお店が閉店すると、色々思い出して懐かしい気分になったり、ちょっぴり悲しい気持ちになったりしますよね。

こうやって書いてみると、地域に昔からあるお店をもっと大切にしたいなぁ、と思うひろ太でした。